パキケファロサウルス
Pachycephalosaurusu

新説トサカのパキィー?派手すぎましたね。

厚い頭を持つトカゲ

鳥盤目/厚頭亜目 パキケファロサウルス科 白亜紀後期 体長約4メートル〜5メートル 植物食 

パキケファロサウルス−横

後頭部と鼻の上のトゲトゲ、ぽこっと盛り上がった頭頂部。なんとも奇怪な顔をしたパキィーです。
盛り上がった頭頂部の厚さは25cmもあり、石頭で頭突きが得意と考えられていました。
また、しっかりとかみあいねじれにくい直線的な背骨の構造であるため、頭突きの衝撃を逃がす働きがあったとも考えられ、その説を有力なものとしていました。この頭骨の化石を見たら誰でもそう思いますよね。
ところが最近、盛り上がった頭頂部の化石をCTスキャンで調べた結果、衝撃を受けると壊れやすい密度の高い硬い骨である事が分かったそうです。そして、衝撃を逃がす構造と思われていた背骨の構造も、頭に受けた衝撃がまともに伝わってしまい背骨が潰れてしまう構造であると考えられるようです。
更に、盛り上がった頭頂部の表面の化石から、トサカのようなもので覆われていたという証拠の繊維化石がみつかったそうです。
今までの説とまったく正反対の新説が登場です。パキィーの頭にはトサカがあり、頭突きはできなかった!?
現代の科学により化石の内部組織を微細に調べた結果なのでこの説がこれから有力になるでしょう。
パキィーのイメージがガラリと変わってしまいますが、どんなトサカだったのかいろいろと想像してみるのも楽しいですね。
あなたならパキィーの頭にどんな色のどんな形のトサカをのせますか?


もう見られなくなるかもしれない
パキィーの復元図。
クリックすると拡大します。

パキケファロサウルスの群れ

アンキロサウルスのページヘ

恐竜のページに戻る

トップページに戻る